Sincoraea rafaerii

サイズ:約25cm × 10cm × 25cm

 

ブラジルはバイーア州のチャパダディアマンティナで発見された種。

当初はオルソフィタム属でしたが、シンコラエア属に編入しました。

2011年にエルトン・レメ氏により記載され、発見者のラファエル・オリヴェイラ氏の名前が冠されました。

そう、ブルータスの表紙を飾ったのもシンコラエアでしたね!(あれは確かバールマルクシー種)

原産地では岩盤の割れ目に自生しているようです。

比較的小型のブロメリアで、直径25cm~30cm程度で開花サイズです。

日に当てると赤く染まり、開花時には中心部分のみ緑になり真っ白な花を咲かせます。

シンコラエア ラファエリー|Sincoraea rafaerii

¥7,800価格