Tillandsia chapeuensis var. turriformis

サイズ:約12cm × 8cm × 8cm

 

言わずとしれたブラジル原産の超希少チランジア。

その昔はsp. (Morro Chapeu)として流通しており、その名の通りブラジルのバイーア州、モーホ・ド・シャペウ近郊で発見されています。

モーホ・ド・シャペウはバイーア州の中でも涼しい地域で、冬には10℃を下回ることもあるようです。結構寒いですね。

基本変種はガルドネリーのようにロゼットに近い形態で成長するのですが、こちらのチュリフォルミス変種は高さが出ます。

現地では岩盤の上に着生しています。

ブルータスに写真が載っていましたね。見ました??

チュリフォルミスとは「塔のような形状」という意味で、その成長の仕方を表しています。

通常は、少ないながら現地の採取株が出回ることが多いのですが、今回は現地シッパーからではなくナーセリーからの入荷です。

親株から株分けされたもののように思います。

重さもしっかりあり、下の葉も枯れこむことなく状態は最高です。

チャペウエンシス チュリフォルミス|chapeuensis var. turriformis

¥65,000価格